Knowledge Box

学んだ知識を詰め込んだ宝箱

宮古島旅行記~1年前の思い出~その4

f:id:hardstudyman:20170529151333p:plain

いよいよこの旅も後半戦。残すところ2日となりました。ここまでの所、天候に恵まれずいまだに南国らしい美しい海を見られていません。今日こそはなんとか晴れて欲しいものですが。

 

[目次]

4日目

4日目も朝から曇りがち。本当に綺麗な空がなかなか見られません。

ホテルの人にも2月とは言えこんなに天気が悪いのは珍しいと言われてしまう。

ただ、昨日までとは違って雲も薄く、時折晴れ間も見えるくらいの天気だったので、今日は綺麗な海が見れるかなと少し期待して出発しました。

来間島のあおぞらパーラーへ

まずは来間島に向かいます。

来間大橋を渡って道なりに進むとログハウス風の建物の「あおぞらパーラー」が見えてきます。

20種類のスムージー

 ここでは宮古島産のマンゴーを使ったマンゴースムージーをはじめとして20種類以上のオリジナルスムージーを楽しめます。

f:id:hardstudyman:20170528100456j:plain

宮古島産マンゴースムージー

とても濃厚でおいしい!本当はもっと暑い時に飲みたかった。。

もちろんテイクアウトも可能です。

f:id:hardstudyman:20170528100505j:plain

タコライスとポテトのセット

フードメニューもあります。このタコライス美味しかった!

渡口の浜

サラサラの細かい白砂と透明度の高い海が特徴の伊良部島のビーチです。

毎日神様にでも恨まれているのかと思うほど、ビーチに着くと天気が悪くなります。他にも観光ツアー客がいましたが、みんな一回りしたあとはそそくさとバスに戻って行きます。

f:id:hardstudyman:20170528093718j:plain

仕方ないのでまた写真をお借りして渡口の浜の美しさをお伝えしておきます。

f:id:hardstudyman:20170528094652j:plain

出典:沖縄CLIP

okinawaclip.com

古謝そば屋

なかなか天気も良くならないので、とりあえず早めの昼食へ。とは言ってもさっきタコライスとポテトを食べたばかりであまり腹が減ってません。

昼食は軽めのものがいいということで妻と一致し、宮古そばを食べに行くことにしました。

11:30頃に行ったのですが、すでに店内は満席。10分くらい待って座ることができました。

宮古そば

宮古そば

ソーキそば

ソーキそば

どちらもやや太めの麺にあっさりしたスープが特徴のそばです。そばと言っても実際には細いうどんのような感じです。

スープがあっさりしているので、疲れていてもスッと食べられます。ソーキもスープが染みていて美味しい。宮古そばは必ず食べて帰りたかったので満足です。

そうしてそばを食べ終えると外から何やら光が差し込んできます。

再び前浜ビーチへ

「やっと晴れた!」

そう思うとすぐに、この度でまだ実現できていないことを思い出しました。

それは「感動するほど綺麗なビーチを見る」ことです。特に前浜ビーチ。先日訪れた時は曇っていて輝く水面を見ることができませんでした。

明日も天気予報は曇り。今日を逃すとチャンスはない!と思いすぐに前浜ビーチに車を走らせました。

そしてやっと見ることができました!。写真で見て憧れた前浜ビーチのエメラルドグリーンに輝く海を!。本当に美しく感動的です。しばらくじっと海を眺めているだけでも飽きません。毎日天気に祟られてきたので余計に感動します。

f:id:hardstudyman:20170528100349j:plain

 景色に見とれて写真を撮るのを忘れているうちに、また曇ってきてしまいました。でも、その短い晴れ間に感動的な景色を見ることができたので大満足です。

急な豪雨で今日もホテルへ。。

気持ちのいい快晴もつかの間。また雨が降り出しました。しかも今度は土砂降りです。天気予報によると今日は一日降り続くようだったので、早めにホテルにチェックインすることにしました。

最後の宿泊は平良市街にも近い、ホテルライジングサンです。

ホテルは普通のビジネスホテルですが、当時はオープンしたばかりで部屋は非常に綺麗で清潔感のあるホテルでした。

宮古島市街地や空港へのアクセスも良く、コンビニやスーパーも近くにあって便利です。

夕食は宮古牛喜八へ

雨がおさまる気配がないので、今日の夕食はコンビニで買ってきてホテルで済まそうかとも考えたのですが、やっぱりせっかく宮古島まで来たのに勿体ない!

ということで、今日は宮古牛の焼肉を食べに「喜八」へ行くことにしました。

予約してないと入れないかもしれないと言われていたので、事前に電話してからタクシーで向かいます。

宮古島 焼肉|宮古牛喜八

店に入ってみると開店間際だと言うのに既に席は満席。たぶん予約していなければ入れなかったでしょう。お客さんが帰ると入れ替わるように次の予約のお客さんが入ってきます。

お客さんはその時は観光客が大半でしたが、地元の人も結構利用するみたいです。このときは閑散期だったので、当日予約でも行けましたが、繁忙期は事前予約必須のようなので、行くときは事前に予約してから行きましょう。

なお本館と別館があります。僕たちが行ったのは別館です。本館に電話すると本館が予約でいっぱいでも、別館は大丈夫と教えてくれました。

f:id:hardstudyman:20170528100911j:plain

上カルビと上ロース

f:id:hardstudyman:20170528100926j:plain

タン

f:id:hardstudyman:20170528100936j:plain

 最近よくある脂身多めで柔らかくジューシーな肉と言うよりも赤身が多く食べごたえのあるお肉でした。とはいっても固いわけではなく、噛めば噛むほど味わいが出てきます。個人的に僕は最近のやたら柔らかい肉は苦手なので、とても好みのお肉でした。

いよいよ最終日

明日はいよいよ最終日です。長いようであっという間に過ぎた4日間でした。もはやこの時、帰るのが嫌になっていたことは言うまでもありません。

 

3日目へ 最終日へ→

[スーツケースはレンタルがおすすめ]